40代男性:手の痺れ

来院動機

仕事中の手の痺れや、座っている際の頭痛や吐き気などが強くなったため来院。

問診内容

痛みの出たきっかけ

普段の寝る姿勢や仕事でのデスクワークにより、頚椎症を発症。

どのような時に症状が出るか

普段の安静時に痺れが現れる。仕事中や下を向くことが長くなると痺れや首の痛みは強くなる。

身体所見と治療経過

初回施術

首を前に倒した際と後ろに倒した際に痛みを感じていた。また、痺れも増えている様子。全身矯正を行い、全身の筋肉のバランスを整えることで痛みと痺れが軽減。平日は夜にしか来れないため、基本は土日に週一のペースで来院する事に。

二回目施術

前回治療後、痺れはかなり落ち着いた。骨盤の矯正をできる体操を指導した。

五回目施術

痺れはかなりとれてきた。未だ、首を後ろに倒した際に痛みと痺れの増加がある。テーピングを行い、痛みの緩和、痺れの緩和を行った。

頸椎(頚椎)ヘルニアについて詳しくはこちら

頸椎(頚椎)ヘルニア

この記事に関する関連記事

小倉名倉堂鍼灸整骨院

〒803-0818福岡県北九州市小倉北区竪町2-3-5 サンリブ西小倉内