30代男性:肩から腕の痺れの改善

来院動機

普通に過ごしている中で急に痛みと痺れが出現。腕を動かすことができずに力も入れられなかったため仕事にも行けないためネットで検索し来院。

問診内容

痛みの出たきっかけ

朝起きた時に痛みと痺れが出て、少し休んでも変わらず。元々仕事上重たいものを持ち上げたりの作業もあった。

どのようなときに痛みがでるか

なにもしなくても痛みがあるが、腕を前に挙げた時に痛みと痺れが増す。

身体所見と治療、経過

初回施術

痛みや痺れの原因であると考えられる首の周りや肩のハリ。それに伴い背中も丸まってしまう。初回の症状へのアプローチとしては、骨格へのアプローチをしながらハリの出ている筋肉へのアプローチを行い、テーピングを貼って初回は終了。

二回目施術(初回から三日後)

前回後すぐは症状は少し改善うしたが、時間が経つと痛みと痺れは戻ってしまう。初回と同じく骨格、筋肉へのアプローチをして、習慣である体操を指導。

三回目施術

症状の変化は少なく痛みもあった。治療の刺激を変えるため鍼治療を行った。施術後、痛みは残るもののかなり動きも改善された。

六回目施術

当初の痛みや痺れはかなり落ち着いてきた。鍼での治療を続けこのまま症状を無くしていく。体操とアイシングは続けている。

十回目施術

痛みや痺れはほとんど無く、日常生活に支障なく生活できる。まだ腕を前に挙げた際に若干痺れが出るもののほとんど感じない。

患者様のコメント

最初に症状が出た時はびっくりしましたが、どんどん症状が無くなっていき安心しました。今後も鍼治療を続け完全に症状を取りたいです。

担当者のコメント

最初に来院された際は腕も動かせずに書いたりするのも大変でしたが徐々に症状が落ち着いてきてよかったです。このまま治療を続けて完治を目指して一緒に頑張りましょう!

胸郭出口症候群について詳しくはこちら

胸郭出口症候群

この記事に関する関連記事

小倉名倉堂鍼灸整骨院

〒803-0818福岡県北九州市小倉北区竪町2-3-5 サンリブ西小倉内